1

■「富士山・ご来光詣で」(富士スバルライン五合目より)


「富士山」山頂でご来光を仰ぐ登山者たち

● 2018
年 7月14日(土)〜15日(日)
● 交 通:富士スバルライン5合目(新宿バスタ発)
● 天 気:1日目:晴れ時々曇り 2日目:快晴 
● 歩 程:14.5km 15時間20分 ▷ 歩数 約35,500歩
コースタイム:(*シニアのコースタイムで若い人の参考にはなりません。)
   〔1日目〕 河口湖登山口(五合目)(2,305m)11:30→12:00六合目→七合目→16:20本八合目上江戸屋(宿泊) (3,270m)

   〔2日目〕上江戸屋1:20→3:30久須志神社(山頂)(3,710m)⇒4:30ご来光→5:20お鉢巡り→剣が峰(3,775.6m)→7:15久須志神社(下山)→8:00上江戸屋(朝食)8:30→11:05五合目登山口

 今年2回目の「山小屋泊り」は世界遺産の「富士山」です。

 14日の早朝に「バスタ新宿」集合し、6時45分発の「富士スバルライン五合目」行きのバスで富士山へ向かいました。
 3連休の初日ということで、中央自動車道が渋滞し、1時間遅れの10時半に「富士山五合目」の登山口に着きました。
 
 ここは登山者以外の観光客も多く、大声で話す中国人を初め多くの外国人であふれていました。
 我々は早めの昼食を食べ、気圧調整を1時間ほどした後、11時半に出発しました。

 暑さと大行列の中を休み休み登って、午後4時20分ごろに本八合目の山小屋「上江戸屋」に到着。
 夕食後直ぐに寝袋のフトンにもぐり混んで爆睡。(午後7時ごろ?)

 翌朝は午前1時前に起床。
 準備をしてから1時半に山頂目指して出発。
 既に山頂を目指して登っている人達のベッドライトの行列がまるでキツネの嫁入りのようです。
 午前3時半に山頂の「久須志神社」に到着。山頂は「ご来光」を待つ人で溢れかえっていました。
 何とか2列目に場所を確保し、日の出を待つ間に気温はドンドン下がり、感覚では5℃くらいの感じです。
 サブザックに持って行った、冬山用の手袋とネックウオーマーを着けて、ダウンを着込みましたが、まだ寒いです。

 やがて、4時半近くに太陽が昇り幻想的で厳粛な時間を過ごすことができました。

 その後、お鉢を一周し、山小屋まで下りて前日にもらった朝食を食べてから、一気に五合目のバス停まで下りました。
 時間的には正味で、登り7時間、下りが3時間と言った感じでした。

「東ハイ」の活動報告はこちら

【YAMAPのデータ】
(画像をクリックすると拡大します。)