【中国商標】初めての中国ECモール出店

中国商標

初めて中国ECモール出店をする際、何から準備をすればよいのでしょうか。
中国ビジネスを始める際、まず初めに行うべきことは中国商標の登録だと言われています。
そこで今回は商標をめぐる過去のトラブル、中国商標申請の際に必要な書類や商標が認可されるまでの期間などについて紹介します。
少しでも皆様のご参考になれば幸いです。

 まずは中国商標登録を

中国ビジネスを始める際、最初に行うべきことは中国商標の登録だと言われています。その理由は、皆さんがよくご存じのように中国では商標を巡るトラブルが多いためです。

商標をめぐるトラブルで記憶に新しいものではやはり「無印良品」を巡る商標訴訟でしょうか。トラブルの発端は日本の「無印良品」が中国市場に進出する際、事前に一部の商標カテゴリを登録していなかったため、中国の「北京無印良品」がある一部の商標カテゴリで先に商標登録をしており、中国の「北京無印良品」が日本の「無印良品」に対し訴訟を起こしたというものでした。

その結果は日本の「無印良品」が敗訴し、損害賠償金など約1,000万円を支払うよう北京市高級人民法院に命じられました。

 増加するトラブル

中国越境ECモールの天猫国際(Tmall Grobal)においても近年商標トラブルが増加しており、以前は天猫国際出店に際しては自国の商標登録があれば出店することができましたが、2021年現在では中国国内の商標も取得していないと出店ができません。

その理由は、天猫国際で人気となり知名度が上がったブランドの中国国内商標を先に中国企業が申請取得してしまうというトラブルが多発し、また訴訟を起こされ敗訴するという事例が明らかになってきた為です。

そうなった場合、その後の中国国内進出の妨げになるだけでなく、中国企業に損害賠償金を請求され、中国国内ECモール進出を目指して越境ECに出店したにも関わらず、トラブルに巻き込まれて計画を変更せざるをえない可能性もでてきます。

商標が認定されるまでの期間

このようなトラブルを防ぐためにも中国国内での商標申請をまず初めに行うことが必要なのですが、中国の国内商標取得は申請から認定されるまで期間が決して短くありません。

商標申請から商標申請が認定されるまでの期間は、問題がなくとも約9カ月間かかる場合があります。また、中国商標は英字の場合などに既存の商標にスペルが似ているという理由(発音が全く違う場合でも)で申請が却下されることもあり、却下された場合は再度申請をやり直さなければなりません。

商標申請する際の必要書類

中国商標申請する際の書類に関しては、

1.登記簿謄本

2.商標内容確認書

3.商標登録申請書

4.商標代理人委託書 

をご用意していただければ、弊社が契約している中国の「知財事務所」を通じて申請することが可能です。
費用につきましてはその都度の見積りとなりますが、一般的に日本の商標申請よりは安くなっています。

最後に

以上のことから、中国ECモール出店をお考えの方はまず初めに中国商標申請の確認をされることをお勧めします。

また弊社では、中国EC旗艦店出店を希望される日本ブランドメーカー様を募集しています。
ご興味のある方は「お問い合わせ」フォームよりお気軽にお問い合わせください。

HOME