■「アンチエイジング サプリメント」について

image_print

  「★ アミノ酸サプリメントは安全?」

 

 以前、ブログで紹介した専門医が認めるアミノ酸」の本の中でアミノ酸がアンチエイジング(若返り)に効果があると書いてありました。

 しかし、巷にはアミノ酸以外のアンチエイジングのサプリメントが氾濫しています。

 そこで、アンチエイジングに効果のあると言われるサプリメントについて、ネットで調べてみました。

 現在、出回っているアンチエイジング剤には、体の酸化を防ぐ『坑酸化作用』を促進するものと、『ホルモンの活性化』を促進するもの2種類あるようです。

「坑酸化作用」を促進する栄養素は一般的によく出回っている、
① ポリフェノール
② カロテノイド
③ コエンザイムQ10
④ α-リボ酸
⑤ オメガ3脂肪酸
⑥ ビタミンA、C、E

などです

 「ホルモンの活性化」によるアンチエイジングは簡単にいうと、年齢とともに著しく減少してしまう体内の「ヒト成長ホルモン(H・G・H)」を補充したり、分泌を活性化することで「若返る」ためのサプリメントです。

 これには次の2つの方法があるようです。

 一つは、遺伝子工学などによって生成された合成の「H・G・H」や「H・G・H 分泌促進剤」、「H・G・H放出ホルモン」を注射などによって投与して、人工的に体内の「H・G・Hレベル」をアップするという方法です。

 これらの方法は、既に何千という臨床データによって勿論安全性は確立されていますが、「坑老化医学」の専門医の管理や処方を必要とするようです。

 そして、日本でもいくつかのクリニックがこれらの療法を数年前から行っているようですが、社会保険などが適用されないために高額な医療費(年間、250万円~400万円程度)を必要とし、一般的ではないのが実情のようです。

 もう一つの簡単な方法は、「アミノ酸サプリメント」の摂取による『成長ホルモンの分泌促進』です。

 この方法は、『アミノ酸』の中の【アルギニン】、【グルタミン】、【リジン】など、「成長ホルモン」を強力に活性化する効力のある事が解明されている、「アミノ酸」を摂取することによって、本来私たちが持っている「成長ホルモン生成能力」を活性化し、自然に「下垂体」からの成長ホルモンの分泌を促進させる方法です。

 欧米人などにに比較して、「お米」(炭水化物)を主食とする私たち日本人には「アミノ酸」が絶対的に不足しており、一般的には食事のみでは補いきれていません。

 また、食事のみで十分な「アミノ酸」(たんぱく質)を得ようとすると、「脂肪分」や「糖分」なども同時に過剰に摂取してしまい、肥満の問題が生じます。

 そこで、天然由来の「アミノ酸」「サプリメント」などによって補うことで、手軽に大きな効果をあげることができるのだそうです。 

  


 最後に「サプリメント」というと副作用を心配する人もいると思います。
 「アミノ酸サプリメント」の副作用についてはお医者さんの、下記のようなコメントがネットに載っています。

 「アミノ酸」は薬ではなく、栄養素。 副作用はほとんどない。

 アミノ酸は私たちの体を作っている成分のため副作用はほとんどなく、安全なものです。

 必要以上になってしまったアミノ酸は体内で代謝され排出される仕組みを私たちは持っています。

 ただし過剰摂取は腎臓や肝臓の負担となります。また、一種類のアミノ酸のみを多く摂取してしまうと、体内でのアミノ酸のバランスが崩れてしまう可能性も考えられます。

 販売されているアミノ酸のサプリメントや健康食品は過剰摂取にならないように考えてつくられていますが、利用する場合は食事で不足しやすいもの、激しい運動やトレーニングによって消費されやすいものを適量補給するよう心がけましょう。

 ただし、妊娠中や腎臓や肝臓に障害がある方は注意が必要です。必ず医師の確認をとりましょう。

以上のことを守れば、アミノ酸は安全なサプリメントとして、健康な体づくりや、筋力アップ、ダイエット 効果などに役立たせることができます。

 (「こちら」を参照ください。)

と言うことです。     

(おわり)

« HOME »