■「三角山(大机山)・焼山・二子山」(西武秩父線 横瀬駅)

image_print

2019年 5月18日(土)
● 交 通:西武秩父線 横瀬駅
● 天 気:晴のち曇
● 歩 程:10.2㎞ 7時間5分 ● 歩数 約21,000歩
● コース:横瀬駅9:00 →9:35西善寺 →11:20大机山(三角山)昼食 →13:20焼山 →14:20二子山(雄岳) →15:30浅間神社 →16:05芦ヶ久保「道の駅」

 今日の東ハイ山行は先週、裏側から登った「武甲山」の北東側に位置する山並みを縦走するコースです。
 
 西武秩父線の「横瀬駅」からスタートし、「西善寺」(樹齢600年の「コミネカエデ」で有名だそうです。)の先から登り始め、「三角山(大机山)」「焼山」二子山」と縦走し、「芦ヶ久保駅」へ下山するコースです。

 最初の「三角山(大机山)」までは急登が険しく、また、踏み跡もない道に迷いやすいルートです。また、このルートはずっと、右手の木陰から「武甲山」が見えるルートです。
 
 「三角山(大机山)」山頂で昼食を取った後、焼山からの合流地点にリュックを置き、「焼山」山頂までピストンで往復しました。山頂からの「武甲山」の眺めは最高でした。今日の山行で唯一の眺望でした。
 
 その後、「二子山(雄岳・雌岳)」を経由して「芦ヶ久保駅」へ下りましたが、途中は登ったり下ったりの繰り返しだったことと、「焼山」山頂へ寄り道したこともあって、当初予定の歩行4時間30分を大きく超え、6時間近くになりました。全行動時間も7時間になりました。

 最後は「芦ヶ久保駅」手前の「道の駅」でビールと「みそポテトチップ」を買いましたが、この秩父B級グルメ「みそポテトチップ」が最高の美味しさで、あっという間に東ハイの仲間に食べられてしましました。(笑)

    

 山行後のビールを目的に山に登っている人は「芦ヶ久保駅」を利用する際にはビールと一緒に是非、この「みそポテトチップ」を買うことを強くお勧めします。(笑)

【コース図】


« HOME »