■「小峰公園~金剛の滝」(武蔵五日市駅)

image_print


 「秋川渓谷」

2022年 8月 6日(土)
● 交 通: 武蔵五日市駅
● 天 気: 快晴
● 歩 程: 4時間20分 距離:9.6Km 歩数 16,000歩
● コースタイム:
(*シニアのコースタイムで若い人の参考にはなりません。)
-       ST 武蔵五日市駅 09:55 – 10:31 小峰ビジターセンター  – 10:35 小峰公園バス停  – 11:00 小峯隧道 – 11:24 336m峰 – 12:13 金剛の滝(昼食)  – 13:24 日向峰  – 13:46 沢戸橋バス停 – 14:15 武蔵五日市駅G

 今日は武蔵五日市駅を出発し、「都立小峰公園」で点呼をとってから、再スタートしました。
 そして、「336m峰」を通って「金剛の滝」に降りました。「金剛の滝」では手前の小さな滝つぼにフットサル部のジャージを着た中学生の集団が水遊びをしており、トンネルを先にある本当の「金剛の滝」まではたどり着けませんでした。
この滝は過去に2回訪れているので、無理に中まで入りませんでした。)

 滝の手前まで戻って、そこで昼食を食べ「沢戸橋」経由で「武蔵五日市駅」まで歩きました。

 武蔵五日市駅の先に真っ赤な花をつけた「サルスベリ」の街路樹がありました。
 会社の近くの新宿御苑通りにも「サルスベリ」の木がたくさんあるので比べてみました。

<下は「武蔵五日市」のサルスベリの街路樹>

(赤く、大きな塊の花をつけています。)

<下の写真は「新宿御苑通り」のサルスベリ>

(まだ、ほとんど花をつけていません。花も小さいです。右側の写真は白い花です。)

「東ハイ」のブログはこちら

【今回のコース図】


武蔵五日市駅近く、満開のサルスベリの街路樹


 「秋川渓谷」入口                秋川の川べりで涼を楽しむ人たち


「都立小峰公園」


 「馬頭観音」


-                        「金剛の滝」で遊ぶ中学生たち


-                        「沢戸橋」近くの支流にかかる橋                        


-                       「武蔵五日市駅」に帰る途中の橋からの秋川渓谷

« HOME »