■ 「尾瀬 燧ヶ岳(尾瀬沼ヒュッテ1泊)」(友人のマイカー)

image_print


  爼嵓(マナイタグラ)山頂(標高:2,346m)

● 2016年 9月16日(金)~17日(土)

● 交 通:西八王子駅より、八王子市の友人の自家用車に同乗
● 天 気:(1日目)曇り  (2日目)曇り、夕方雨

● 歩 程:(1日目) 3
時間05分 (2日目) 13時間00分
● コースタイム:
(*シニアのコースタイムで若い人の参考にはなりません。)
 (1日目)大清水P 11:20 → 12:15 一ノ瀬 → 13:35 三平下 → 14:25 尾瀬沼ヒュッテ(泊)(標高1,660m) <3時間05分>
 (2日目)尾瀬沼ヒュッテ 5:15 → 5:30 長英新道分岐 → 8:00 ミノブチ岳(2,220m) → 8:20 ナデッ窪分岐 → 8:40 爼嵓(マナイタグラ) → 9:00 柴安嵓(シバヤスグラ)(最高峰:2,356m)〔昼食〕<登り 3時間45分>
     俎嵓 10:00 → 10:20 ナデッ窪分岐 → 12:55 沼尻平 → 13:30 南岸分岐 → 14:50 三平下 → 15:25 三平峠 → 16:50 一ノ瀬 → 18:15 大清水峠(P) <下山 8時間15分> 合計 13時間00分
     <上り標高差 696m、下山標高差 1,166m> 


 今回は小中学生時代の同級生の田中さんと9/16(金)~9/17(土)の日程で、尾瀬沼の「燧ヶ岳」に登ってきました。
 
 初日は田中さんの車に西八王子駅で拾ってもらって、高尾ICから圏央道に入りました。
 そして、鶴ヶ島JCTから関越自動車道に出て北上し、沼田ICで高速を降りました。
 そこから更に1時間走って、「尾瀬沼」の入り口の「大清水」に到着です。


 「大清水」に到着。一般車両はここまで。


 奥が尾瀬沼への入り口です。標高<1,180m>とあります。


 「国立公園 尾瀬」の看板。


右が「旧道」ですが、左側の新道を歩きました。(ここから「一ノ瀬」まで、シャトルバスが通っています。

 何の木かわかりませんが、沿道の木の実も色づき初めて、秋を感じさせます。


 約1時間で「一ノ瀬」休憩所に着きました。

画像の説明
 帰りはここから、「シャトルバス」が出ています。


 ここから本格的な山道。尾瀬沼のほとりまで約1時間半。


 途中の「水場」。「水場」のいわれが書いてありました。


 少し、紅葉が始まりかけています。


 「三平峠」に到着。尾瀬沼まではあと一息。


 標高<1,762m>とあります。


 尾瀬は登山道が整備されていて、いたるところに「木道」があります。


 「三平下」の休憩所が見えてきました。


 尾瀬沼のほとりから見る「燧ヶ岳」。明日、登る山です。


 今日泊まる、「尾瀬沼ヒュッテ」までの湖に沿った道も整備されていました。


 道中に咲いていた鮮やかな紫の花。「オクトリカブト」と言うようです。


 山小屋に近づくとヘリコプターが荷揚げ中でした。


 ロッジ近くの標識。


 今日泊まる、「尾瀬沼ヒュッテ」が見えてきました。


 正面の入り口。


 近くにあった公衆トイレ。完全な「水洗トイレ」で、山では珍しく清潔なトイレでした。


 「尾瀬沼ビジターセンター」の入り口。


 「燧ヶ岳」の峰々。明日は「爼嵓」(マナイタグラ)と最高峰の「柴安嵓」(シバヤスグラ)に登ります。


 尾瀬沼の成り立ち。


 尾瀬沼の模型。


 「ビジターセンター」の裏でもヘリコプターが荷物を運んでいました。

<ここから、2日目です。>
 朝、4時に起きて「オニギリ」の朝食を食べました。5時15分に出発。

 薄明りのロッジの玄関。


 いざ!「燧ヶ岳」に向けて出発!


 最初は沼地を歩きます。空模様は薄曇りです。


 「沼尻」方面と「長英新道」の分岐点。我々は「長英新道」から「爼嵓」を目指します。


 所々、ぬかるみの登山道を登です。山頂まで、2時間半の予定。


 ようやく、「一合目」です。


 雲の切れ目から青空も覗いてきました。


 「ベニテングダケ」?


 「二合目」です。


 若い?女性2人組に追い抜かれました。「山ガール」?


 黙々と登る同級生の田中さん。


 「四合目」


 東の空が明るくなってきました。


 「尾瀬沼」が見下ろせる道端で休憩。


 登山道を上からみたところ、こんなところを登って来ました。


 ネットで調べると、「オオカメノキ」かな?


 まだ、紅葉が始まったばかりです。


 ようやく、「五合目」。


 辺りが開けてきました。森林地帯を抜けたようです。


 目的の「爼嵓」(燧ヶ岳山頂)が見えてきました。


 草の葉も黄色くなりかけています。


 「尾瀬沼」が良く見えます。


 この木も色づき始めています。


 「七合目」で若者に一気に追い抜かれました。歳には勝てません。(^^;)


 東の空がかなり明るくなっています。雲の上には朝日が昇っているのかな?


 だんだんと山頂が近づいてきました。


 途中にある「ミノブチ岳」への最後のハシゴ。


 「ミノブチ岳」の山頂から見た「尾瀬沼」。


 昨日泊まった山小屋が湖畔に見えます。


「ミノブチ岳」山頂から見た「柴安嵓」(シバヤスグラ)(左側)と「爼嵓(マナイタグラ)」(右側)。両方とも「燧ヶ岳」
の山頂です。

 「八合目」。(「ナデッ窪」ルートで登ってくる登山道との合流地点。)


 最後の急峻な上りに取りかかります。


 「九合目」。


 山頂付近から見た「尾瀬沼」。手前の茶色の広場がある山が「ミノブチ岳」です。


 「爼嵓」山頂に立つ、田中さん。標高<2,346m>。


 山頂の「石祠」。


 「御池」ルートや「見晴新道」ルートから来た登山者もいます。


 真ん中に見える盆地(沼地)が水芭蕉の群生地「尾瀬原」です。


 鞍部を挟んで向かい側にある「柴安嵓」(シバヤスグラ)山頂。向こうが10m高いです。これから、荷物を
置いて往復します。(片道20分)


 2つの頂のあいだの鞍部まで降りました。


 「柴安嵓」(シバヤスグラ)に登る途中に菱型の立派な岩が立っています。

 画像の説明
   岩の根元で休む、田中さん。


 「柴安嵓」(シバヤスグラ)の山頂にたどり着きました。標高<2,356m>。


 山頂で景色に見とれる「登山者」。奥は「尾瀬ヶ原」。


 「尾瀬ヶ原」を望む。


 「尾瀬ヶ原」の拡大写真。


 「柴安嵓」(シバヤスグラ)山頂から見た、「尾瀬沼」。


 中央右手の奥に薄く見える高い三角形の山が「富士山」のようです。


先ほど登った「爼嵓」です。これから向こうに戻って、「ナデッ窪」ルートで下山します。


 「八合目」の「ナデッ窪」ルートと「長英新道」の分岐点まで下山しました。


 「ナデッ窪」ルートは大きな岩(石)がゴロゴロしている急峻なルートです。


 直ぐ目の前に尾瀬沼が見えますが、中々下に着きません。


 ようやく、下に着きましたが実に3時間近くかかりました。


 「ナデッ窪」「見晴」「沼山峠」「大清水」の各ルートへの交差点。


 「沼尻平」の休憩所で昼食を取る。登山者orハイカー。


 山小屋で作ってもらった、朝食用「オニギリ」をお昼に食べる。


 13時も過ぎ、昼食を取る登山者もまばらになりました。


 「特別天然記念物 尾瀬」の成り立ち。 


 さあ、出発。「三平下」までの3Kmを湖畔に沿って歩きます。


 湖に沿った道なので平坦な砂浜のような道を想像していましたが、火山の堰止湖なので、
アップダウンの激しい山道でした。


 大分歩いたが、まだ後1.1km。


 かなり、ペースが落ちてきました。


 この後、「三平下」で休憩した後、「三平峠」を通ってようやく、見慣れた太陽電池測量器まで
戻ってきました。「一ノ瀬休憩所」はもう直ぐそこです。


 行くときは気が付かなかった、こんな「カンバン」もありました。


 この橋を渡れば「一ノ瀬休憩所」。


 16時50分、ようやく終点に着いたと思いきや既に人影がありません。なんと、16時30分で
「シャトルバス」は終了していました。(涙)

 車の置いてある、「大清水」まで3Km(1時間ちょっと)を歩くしかありません。
 結果、途中で雨が降り始め、段々と本降りになってきました。
「大清水」に着くころには日も完全に暮れて、真っ暗闇状態です。(^^;)
 (今回、初めて山小屋以外でヘッドライトを使いました。)
 
 「大清水パーキング」には18時15分に着いたので、合計13時間歩いたことになります。
(私の歩行時間の最長記録です。前回の「立山縦走」も11時間歩きましたが、こちらは超スローペースで基準時間の倍のスピードだったためです。)

<帰路>大清水P 18:30 ⇒(マイカー) → 19:30 沼田IC → 21:30 高尾IC ⇒ 21:49 西八王子駅 ⇒ <中央線> ⇒  22:53四谷駅

 (おわり)

【追記】一年前にホームページをリニューアルし、ベースのシステム(CMS)もWord Pressに変更したので1年がかりでブログの引っ越しの途中です。(システムが変わって、単純にコピーできないので、一つ一つのブログをWord Pressに書き直しています。)
 このブログを再度、書きながら5年前に「燧ケ岳」に登った時のことを思い出していますが、今から思うとかなり無謀な登山でした。(汗)
 私も2年前にガイドについて「富士山」に登った程度でほとんど高い山の経験がなく、東京ハイキングも入会して半年程度で登山の経験が浅い状態でした。
 田中さんもほとんど、今回の「燧ケ岳」が山デビューといった状況でして、二人でいきなり2,300m以上ある山に登ったのですから全く無謀な計画でした。

 今ならかなり余裕を持って、少なくても3時には「大清水」の駐車場に着く計画を立てるでしょう。そして、それが難しいようであれば年齢も考慮して、もう一泊する計画を立てます。
 ただ、救われたのは自分が傘とヘッドライトをもっていたことです。その後の東ハイの山行でも麓は晴れていても山では雨に降られることや、秋や冬になると日が沈むのが早くなり少し道に迷ったり、歩けない人が出るとヘッドライトの世話になったことがあり、雨具とヘッドライトは常にリュックにいれておくようにしています。

 

« HOME »