■ 「武甲山」(西武秩父線 横瀬駅) 個人山行

image_print

● 2017年 7月 8日(土)
● 交 通: 横瀬駅  (西武秩父線)
● 天 気: 晴れ
● 歩 程: 6時間10分  歩行約 28,000歩
● コースタイム:
(*シニアのコースタイムで若い人の参考にはなりません。)
    横瀬駅スタート 8:20→ 9:40 一の鳥居→ 10:15 十八丁目水場→ 10:50 大杉→ 11:40武甲山 山頂(御嶽神社)〔昼食〕→ 13:00長者屋敷の頭→林道→ 13:40 橋立の滝→ 14:20 橋立鍾乳洞 → 14:30 浦山口駅

  「武甲山」(西武秩父線 横瀬駅→浦山口駅)

 先週末は関東地方が雨だったため、予定していた東ハイの「伊豆ケ岳」トレッキングが中止になりました。

九州地方では梅雨前線による大雨で大きな被害が出たようです。)
 
 そこで、今日は同じ秩父地方で比較的標高が高い、「武甲山」に独りで登ってきました。(山頂で1,304m)

 「武甲山」はセメント材料の「石灰岩」の採取で有名ですが、山の正面は無残にも削り取られて山肌が出ていて、正面からは登れません。

 そこで、登山ルートは最寄りの西武秩父線「横瀬駅」から、「武甲山」の左側に回り込んで、左側面から山頂の「御嶽神社」を目指すようになっています。

 下山は横瀬側から山に向かって右側の登山道を下って、秩父鉄道の「浦山口駅」へ降りました。
 従って、登山中に山の正面の石灰の採掘場は見ることなく、深緑の「武甲山」の裏側を登って来たという感じです。