■「丹沢・花じょろ道No2(高松山)」(小田急 新松田駅バス)

image_print

2019年 3月30日(土)
● 交 通:小田急 新松田駅バス(田代向バス停)

● 天 気:曇り
● 歩 程: 9.0㎞ 4時間40分 ● 歩数 約21,000歩
● コース:田代向バス停8:50 → 9:40花じょろ道入口→ 10:45ヒネゴ沢乗越→ 11:10 高松山(昼食)11:40 → 12:20尺里峠 → 12:30第六天→ 第六天東ルート → 13:25アユ釣り場(1時間休憩)→14:25田代向バス停⇒14:50 新松田駅

 3月16日の「花じょろ道No1」には参加しませんでしたが、今回の「花じょろ道 No2」に参加して来ました。

 新松田駅から「寄(やどりき)」行きのバスに乗り、「田代向バス停」で下車。「中津川」を渡って、「花じょろ道」の入り口に向かいます。
 途中で大きなコブシの木があり、白い花が満開だったのが印象的でした。

 因みに「花じょろ道」とは昔、山を越えて隣の集落に通じていた山道で、花嫁が山の向こうの隣村に嫁ぐときに通った道が名前の起源のようです。
 「花じょろ道」の登り口には「花嫁の鐘」があり、「鳴らして登ろう、はなじょろ道・・・」と書いてありました。

 「花じょろ道」を登って、「高松山」の山頂で昼食を取り、下山は「第六天」を通り、「第六天東尾根ルート」から鉄塔のところでバリエーションコースに入り、ヤマレコのみんなの足跡にも載っていないニッチなコースを辿りながら下山しました。

 無事下山し、バス停に向かうと手前に寄(やどりき)「マス釣り場」があります。そのマス釣り場の前の川には桜の木が川に沿ってたくさん植えてありましたが、まだ、4分咲きといったところで、つぼみが多く花見には少し早かったようです。
 
 バスの時間まで1時間近くあったのですが、たまたまマス釣り場でビールを売っていたので、これ幸いとみんなでビールを飲みながら時間調整をしました。
 春の午後にビールを飲みながら、ノンビリ過ごすのは人生最高の喜びです。(笑)

「東ハイ」の記事はこちら

【コース図】