■「沼津アルプス(個人山行)」(伊豆箱根鉄道 原木駅)

image_print


「香陵台」から望む「富士山」

● 2021年 2月27日(土)
● 交 通:原木駅(伊豆箱根鉄道 駿豆線)

● 天 気:快晴
● 歩 程:15.0km 7時間30分 ▷ 歩数 約33,000歩
● コース:09:07原木駅 – 09:22石堂橋登山口 – 10:00大嵐山 – 10:15 江間峠 – 10:28見晴し場 – 11:23大平山 – 11:36多比口峠 – 12:00中将ルート分岐 – 12:07鷲頭山(昼食) – 12:43小鷲頭 – 12:56志下峠 – 13:06馬込峠 – 13:14志下山 – 13:20志下坂峠 -13:47香貫台分岐 – 13:54徳倉山 – 14:16横山峠 – 14:40横山 – 14:55八重坂峠 – 15:30香貫山 – 15:53香陵台 – 16:08香貫山登山口 – 16:33沼津駅

 今日は「沼津アルプス」の縦走に挑戦しました。

 実は「東ハイ」で一番足の強いリーダーが「強弱度レベル⑥」という一番ハードなレベルで予定していた山行でしたが、そのリーダーの人が膝を痛めて、手術することになり中止になったコースです。

「強弱度レベル⑥」の山行は年に一回、あるかないかなので健脚自慢の女性陣の要望で、今回別のリーダーが個人山行ということで、実施しました。

 新宿がまだ、暗い5時半に家を出て、「伊豆箱根鉄道 駿豆線(すんずせん)」「原木駅」という駅に9時過ぎに到着して、「鹿野川」という川に沿った道路の脇の登山口から登りました。

 この「沼津アルプス」は標高が最高で400m弱の低山ですが、峰が8から9つ繋がっており、しかも高低差が100m前後あります。
 登山道は登りも下りも急坂で道に沿ってロープが張ってあります。梯子が2ヶ所鎖場もありました。そして、道はジグザクではなく、ほぼ真っすぐに登って行くのでかなり、ハードな山行になりました。

 おかげで、最後の2峰のところで初めて右足の腿が痙攣しそうになり、慌ててツムラ69という足攣り防止の漢方を飲みましたが、最後の峰の登りではサポーターも巻くはめになりました。(山登りを初めて、初めての経験です。)
 ちょっとペースが速すぎたのと、年齢を感じさせる出来事でした。(笑)

 それでも、休憩を入れて7時間半と予定より1時間近く早いペースで、日没前に「沼津駅」に着きました。

 今回は山の会の山行ではなく、個人山行ということで、沼津駅の近くの居酒屋で反省会をして、東京に帰りました。(笑)

【今回のコース】

 


午前6時前の新宿駅南口の甲州街道        原木駅前の住宅街を「鹿野川」方面へ


鹿野川から「富士山」のよく見えます       この先の右手に「登山口」があります 

}
ここが登り口


-                        最初の梯子場 


先ほど登った「鷲頭山」を振り返る


健脚3人娘?


-                        最後の「香貫山 」手前の公園の桜が満開
 


「香陵台」

 
下山口                                                                             沼津市内を「沼津駅」へ