■「秩父スカリ 山餅つき山行」(西武秩父線 東吾野駅)

image_print

「秩父”啓明荘” 餅つき山行」(西武秩父線 東吾野駅)

2018年12月15日(土)
● 交 通:西武秩父線 東吾野駅
● 天 気:晴れ
● 歩 程:8.2㎞ 3時間10分 ● 歩数 約15,000歩
● コース:東吾野駅8:35 →8:40吾那神社 →9:20橋本山 →9:40ユガテ →10:25スカリ山 →10:50北向地蔵 →11:15啓明荘(餅つき・鍋料理会食)14:25 →15:00武蔵横手駅

 先週は「高尾山 忘年会山行」でしたが、今週は奥武蔵の「啓明荘」での餅つき山行に参加しました。

 ここ数年、毎年年末に実施されている例会のようですが、「啓明荘」の主人が今年で引退するとのことで、今年が最後になりそうです。

 先ずは「東吾野駅」からの山行からスタートです。
 「吾那神社」、「ユガテ」、「スカリ山」、「北向地蔵」を通って、11時過ぎに「啓明荘」に到着しました。

 「啓明荘」では、山行に参加せずに朝から準備をしてくれていたメンバーがおり、庭に出したテーブルには味付けのアンコに納豆、きな粉、辛みの効いた大根おろしを準備して向かえてくれました。
 
 もち米は荘の主人が外に据えたカマドをくべながら蒸かしており、それを東ハイのメンバーが交代で搗きます。

 私も中学生の頃に餅を搗いた記憶があり、挑戦しましたが50年以上前のことであり、「昔取った杵柄」とはいかず、中々上手く搗けませんでした。(^^;)
 一人、ベテランの人がおり、結局その先輩が中心となり、4臼搗いたと思います。

 皆で搗き立てをその場で食べましたが、残りはアンコ餅にして、お土産にもらいました。 
 
 その後、部屋に入って「寄せ鍋」で乾杯しましたが、みんなお餅を食べ過ぎたので、結局鍋料理は残ってしまう始末です。

「東ハイ」の記事はこちら

【コース図】

 


« HOME »