■「塔ノ岳・鍋割山」(小田急線 渋沢駅バス)

image_print

2019年 1月19日(土)
● 交 通:小田急線 渋沢駅バス(大倉バス停)
● 天 気:晴れ

● 歩 程:17.6㎞ 7時間30分 ▷ 歩数 約32,000歩
● コース:大倉バス停ST 8:30 →9:20見晴茶屋 →9:55駒止茶屋 →10:20堀山の家 →11:10花立山荘 →11:50塔ノ岳山頂(昼食)12:30 →12:45大丸 →13:05小丸 →13:30鍋割山→ 14:25後乗越 →15:05二俣 →16:10大倉バス停GL

 今日は東ハイ「塔ノ岳・鍋割山」山行に参加しました。
 昨年の1月に初めて「塔ノ岳」に登りましたが、その時も今日に負けず劣らずの好天に恵まれて、素晴らしい眺望でした。
 塔ノ岳は特に「富士山」の眺望がすばらしいです。

 その景色が忘れられられずにその後、5月と9月の2回、東ハイの山行で登りましたが、どちらも曇り模様で1月のような絶景を見ることができませんでした。
 やはり、山頂からの眺望は空気が澄んでいる冬場に限るようです。
 
 今までの3回は大倉尾根を往復する、ピストンでしたが、今回初めて、「鍋割山」を廻って下山しました。
 「鍋割山」の「鍋焼きうどん」は若い人に人気があるようで、それを目的に「鍋割山」に登る登山者も多いと聞きました。

 ということで、今回は4回目の「塔ノ岳」でしたが、今日は距離18km弱行動時間7時間半の相当ハードな山行になりました。
 女性4名、男性5名の9名でしたが、女性は全員足が攣り気味になり、薬を飲んでいました。
 私も今日は寝不足であまり調子が良くなかったので、途中で「アミノバイタル」を飲もうと思って、バックを探すも見当たらず、そこで、足が攣らないように初めて「コムレケア」とういう足攣り防止の薬を飲みました。
 山行時はいつも持っていましたが、飲むのは初めてです。

 今回の山行はとにかく行程が長く、最後の林道だけで6.2Kmもあり、みんなかなりバテてていました。

【コース図】